援デリ

援デリについて

援デリという言葉をご存知でしょうか。

 

援デリとは、出会い系サイトで援助交際の募集をして
お金やプレイ内容など条件が合う人を探し、実際に会って
エッチをする女性をいいます。

 

中には本番有りの違法デリヘル業者が素人の女の子のふりをして
サイト内で実際に逢うまでメールのやり取りをしてるパターンもあるため、
援デリと呼ばれるようになったそうです。
ちなみに、この場合、女の子のふりをしてメールをしている人を打ち子といいます。

 

例えば、条件が2万の場合、1万は援助交際する女の子へ、8千円は業者側へ
そして、残りの2千円が打ち子の財布に入るのが大まかな分配です。

 

もちろん、出会い系サイトでは上記のような業者だけでなく
本物の素人のエッチ好きな女の子だって援デリとして募集しています。

 

このような女の子の心理状況としては、
性欲旺盛の男性と思う存分エッチもしたいけどお小遣いも欲しい
まさにこんな感じです。

 

このような女の子は本当にエッチ好き素人女性なので、援デリで募集する際には
1回の投稿で1時間もしない内に20通以上男性からメールがくるようです。

 

援デリの相場もそれぞれですが、ほとんどの場合ホテル代とは別で
1万5千〜2万円程度でエッチまでできます。
中には1万円という良心的な値段で回数・時間無制限で募集しているエッチ好きな
女の子も居ます。

 

ここまで読んで頂いた段階で、
「こんな事があるなら、風俗でデリヘルなんて呼ばなくても、もっと安い値段で美味しい思いができる…」
と思われている男性もいるかと思いますが、注意しなくてはいけない事があります。

 

素人の女の子にしても、違法デリヘル業者にしても性病の検査などは
全くといっていいほどしていませんので気が付いたらヤバいのうつされてた…
なんて可能性も否定できません。

 

高額(3万程度)条件を提示してくる援デリの中にはピルを飲んで
生中出しOKなんてのも居ますので、そのような援デリには
注意が必要です。

 

この部分さえ気を付ければ間違いなく風俗よりも安くて美味しい思いができます。

 

しかも、初めて会う援デリの素人の女の子があなたのエッチのとりこになってしまえば
2回目以降は、お金など条件無しのセフレとして長期的なお付き合いも可能です。

 

当サイトではそんな援デリと出会い系サイトの関係性
援助交際の現状と共に実態を解明しています。

 

当サイトが援デリについての知識を深めて頂くためにお役立ち頂ければ幸いです。

 

援デリと出会い系サイトについて

 

援デリと出会い系の構図を比較

 

援デリの9割以上が出会い系サイトを利用しています。
もっと極端にいってしまえば、「援デリ=出会い系サイトに居る」という等式が
成り立つといって過言ではないのです。

 

ここで援デリと思われる人達が利用している出会い系サイトと援助交際についての
実態と構図を6つの某優良出会い系サイトを例に実際のサイト名などは伏せた状態で
紹介したいと思います。

 

出会い系サイトA

出会い系サイトB

出会い系サイトC

アダルト専門の掲示板にて援デリと思われる人達の利用多数あり。

業者の援デリ以外にも素人の

援デリも利用している模様。

 

 

運営実績:13年

公開会員数:350万人

アダルトの「すぐ会いたい」の募集にサイトAと同じような募集の投稿を見かけるので援デリ業者が複数アカウントで手渡り次第客引きの場所として使っている可能性あり。

 

運営実績:14年

公開会員数:350万人

 

素人っぽい援助交際の投稿も多いが実際に逢えるのかは不明。

援デリを装ったキャッシュバッカーやサクラがまぎれている可能性あり。

 

運営実績:14年

公開会員数:300万人

 

上記の出会い系サイトA〜出会い系サイトCを比較してみると、
運営実績や会員数においてはそこまで大きな違いはありません。

 

実態としてはサイトCは素人の援助交際募集っぽいユーザーも見受けられましたが
サクラキャッシュバッカーと呼ばれるポイント稼ぎ目当てのユーザーの可能性もあります。

 

キャッシュバッカーやサクラは、実際に逢う方向にメールのやり取りをもっていっても、
話を趣味の話に変えたり、話がかみ合わなかったり、連絡先など絶対に
教えてくれないのが特徴です。

 

このようなユーザーがもっとも多かったのがサイトCです。
出会い系サイトCのようなサイトは今後も援デリや援助交際を装ったユーザーが
さらに増えてくる可能性がありますので注意が必要です。

 

次に、出会い系サイトAと出会い系サイトBですがこちらは明らかに
同一人物であろうと思われるユーザーが多く見受けられました。

 

援デリ業者が両サイトで大量にアカウントを取って募集している可能性が
非常に高いと思われます。
すなわち、出会い系サイトA、出会い系サイトBは援デリによる援助交際が
行われているサイトといって間違えありません。

 

 

援デリと素人の援助交際の比率

 

こちらでは、援デリがもっとも利用するといわれているアダルト掲示板の募集の頻度を
援デリと素人の募集との比率などを例に、出会い系サイトD〜出会い系サイトFにて
比較してみたいと思います。

 

出会い系サイトD

出会い系サイトE

出会い系サイトF

 

 

援デリの募集も素人の募集もわりとバランス取れている感じではあるが、やはり夜に募集が多くなる。

 

援デリと素人の比率:6対4

 

募集時間帯:夜に多い

 

 

サイトDに比べると素人の割合が多く、学校終わりの女学生や仕事終わりに募集をかける素人が多いと思われる。

 

援デリと素人の比率:5対5

 

募集時間帯:夕方に多い

 

 

特徴として夜中の募集が多い…これはまさに援デリタイムといわれる時間帯で夜中の募集はほぼ9割以上が援デリと思われる。

援デリと素人の比率:6対4

 

募集時間帯:夜中に多い

 

上記から考えられる事として、夕方以降は特に援デリの募集が多くなります。

 

そして、サイトFでも見受けられる通り、夜中の援デリタイムの時間帯…。
中には3サイト同時に利用している援デリ業者なども居ました。

 

このような援デリ業者は写真と全く別者の援デリを派遣してくる可能性すらありますので
悪徳援デリ業者の可能性大のため、やはり、注意が必要です。

 

素人の援助目的の女性との出会いを求めたいという男性は、出会い系サイトEのような
サイトを利用すると比較的、容易に出会うことができる検証データーもあります。
その場合、夕方〜夜の時間帯の募集を頻繁にチェックすることで確立が高まります。