王手出会い系と援助交際の関係

大手出会い系サイトには、真剣な出会いを求める以外にも、援助交際を求めている人たちが多いことをご存知ですか?

 

援助交際を希望している男女は出会いやすさを求めて大手出会い系に集まっていることをご存知ですか?

 

援助交際の相手を探したいと思っている男女は多いのではないでしょうか?

 

当ページでは、出会い系が援助交際相手の募集のきっかけになる時代の実態を紹介しています。

 

出会い系サイトで援助交際を求めている方は、是非、参考にしてください。

 

80%の数値…これが出会い系の援助交際目的の利用率です

 

大手出会い系サイトであれば、真面目な出会いが期待できると思うかもしれませんが、実は、大手出会い系サイトであっても、援助交際目的の利用者が約80%もいます。

 

真面目な出会いを探して、異性にメールを送ると、既婚者であって、援助交際目的の内容のメールであることが多く、がっかりしてしまう人も多いと思います。

 

真面目な出会いを探している人というのは、それでも淡い期待を持っているので、援助交際からでも恋愛に発展するのでは…と思っているものです。

 

そして、気がつくと、援助交際から抜け出せずにいるということもあります。

 

女性で援助交際を希望している人の多くは、学生や主婦、シングルマザーなどのお小遣い稼ぎや生活に困窮しているような人たちです。

 

大手出会い系サイトであれば、男性が多く、援助交際でお小遣いを貰える可能性も高まりますよね。

 

また、援助交際を希望する男性も、そういった女性の動向を知っているので、大手出会い系でこのような女性を探しています。

 

男性からすると、風俗よりも安く済み、素人女性に出会える可能性が大きいので、大手出会い系を利用して、援助交際相手を探しているのです。

 

出会い系が援助交際相手の募集のきっかけになる実態

 

出会い系というのは、もちろん、様々なトラブルの元になっていたりもするわけで、ある程度のリスクは常に念頭に置いておいたほうが良いでしょう。

 

それでは、出会い系が援助交際相手の募集のきっかけになる実態を紹介していきます。

 

積極的な異性が多い

出会い系を利用するということは、性的欲求などが強い、積極的な異性が多いと言えます。

 

援助交際相手を探す場合も同様で、出会い系を利用することで、援助交際相手を比較的簡単に探すことができます。

 

お小遣い稼ぎ目的の女性が多い

学生やシングルマザー、主婦などは、経済的に困窮していたり、ブランド物を買うお金欲しさで、援助交際をしていることが多いです。

 

そんな女性は、男性と会える確率の高い出会いサイトを利用して、援助交際の相手を探しています。

 

風俗よりも手軽に女性とセックスできる

男性からすると、援助交際というのは、お金を払って、女性とセックスするわけですが、風俗よりも断然安く出会って、セックスができます。

 

もちろん、風俗違って、素人女性の方が圧倒的に多いので、援助交際を楽しむことができます。

 

出会い系サイトは年齢認証必須

未成年者との援助交際は犯罪です。

 

一般的に、出会い系サイトは、年齢認証が必要になっているので、男性としては、安心して使えるよう思いますよね。

 

ただ、未成年者が完全にいないわけではありませんので、注意をするようにしましょう。

 

相手が18歳未満であれば、自動買収とみなされて、刑事罰が課されてしまいます。

 

恋人関係への発展を期待する人

出会い系の掲示板などで、援助交際ばかり目について、諦めている人でも、異性からのアプローチがあれば嬉しいものですよね。

 

援助交際でも、いつかは恋人のような関係になれるかもしれないと、淡い期待を抱いて、援助交際を続けてしまう人もいます。

 

寂しさを紛らわしたい女性が多い

お小遣い目的の他にも、寂しさを紛らわしたい、誰かに優しくされたいという女性も援助交際をしています。

 

お金はそれほど多く求めず、ただ、精神的な安定、心の拠り所を欲しているのが、こういった女性の傾向です。

 

セックスはしたいけど特定の人と

セックスが好きな人、欲求不満の人は定期的にセックスをして、性的欲求を満たしたいと思うものです。

 

援助交際というのは、1回きりで終わるというものではなく、長く付き合っていう関係になることも多いでしょう。

 

あまり不特定多数の人と、関わりを持ちたくない人にとっては、おすすめなのが援助交際なわけです。

 

面倒なことになりにくい

お互いにお金と体の関係で成り立っているので、もちろん、恋愛感情などはありません。

 

不倫などとは、違って後腐れなく別れることも可能なので、既婚者の男性からすると、援助交際は利用しやすいものと言えます。

 

様々な隠語で援助交際を募集

援助交際は、実際には違法ですが、未成年未満に手を出さない限り、罰則などがありません。

 

そのため、出会い系サイトには隠語を使った募集が後を絶ちません。

 

例えば、援助のことを「円」「サポ」「○」「ワリ」などと表現したり、「苺」=1万5千円、「WU」=2万円(ダブル諭吉)などがあります。

 

隠語を利用することで、お互いに援助交際経験者であればスムーズにやり取りができるようになります。

 

また、年齢の項目が「61」「71」となっていたら、16歳、17歳であると思って良いでしょう。
そういった場合には、注意をした方が良さそうです。

 

個人情報を教えずに会える

出会い系サイトで援助交際相手を募集する時ですが、全て出会い系を通したやり取りがほとんどのため、自分の情報を教えずにやり取りができるの魅力です。

 

電話番号や本アドレスを教えてしまうと、後々トラブルになりがちですが、サブアドレスなどを教えておくことで、個人情報などが相手にいくことがあまりありません。

 

お互いに、きちんとメールのやり取りをして信頼関係が成り立った上で、会うようにすると良いでしょう。

 

偽素人女性の要注意

 

援助交際を利用する男性ですが、素人女性とセックスを楽しむために出会い系を利用するわけですよね。

 

そんな出会い系には、援デリ業者が蔓延しています。

 

例えば、「打ち子」と呼ばれるスタッフが大量に出会い系サイトに投稿して、反応があった男性に待機している女性を派遣するような仕組みです。

 

その儲けの何割かを業者側に渡すようになっています。

 

そんな偽素人を派遣する援デリ業者の特徴ですが、

 

・掲示板に投稿時点で、詳細条件が記載されている

 

・短い時間で済ましたがる

 

・場所の指定は女性側からしてくる

 

・汚い感じのギャル系が多い

 

・すぐにセックスをできるような文言が並んでいる

 

などといった点が挙げられます。

 

もちろん、援デリには、性病のリスクや、美人局などによる脅迫などの被害にある可能性もあり、できるだけ援デリ業者に騙されないようにすることが大切です。

 

メールのやり取りをする中で、何かおかしいなと思ったら、援デリを疑うと良いでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

出会い系が援助交際相手の募集のきっかけになる時代の実態として、以下のように紹介してきました。

 

・積極的な異性が多い

 

・お小遣い稼ぎ目的の女性が多い

 

・風俗よりも手軽に女性とセックスできる

 

・出会い系サイトは年齢認証必須

 

・寂しさを紛らわしたい女性が多い

 

・恋人関係への発展を期待する人

 

・セックスはしたいけど特定の人と

 

・援助交際は面倒なことになりにくい

 

・様々な隠語で援助交際を募集

 

・個人情報を教えずに会える

 

出会い系を利用すると、セックス目的の異性が多いので、比較的簡単に援助交際相手を見つけることが可能になります。

 

様々な理由で、援助交際をする女性と、素人女性とセックスを楽しみたい男性が出会えば、自然と援助交際へと繋がりやすくなります。

 

その一方で、出会い系には、援デリ業者も多く、そういった業者に騙されないようにすることも大切です。

 

メールのやり取りなどから、援デリ業者であるかどうか見抜けることもありますので、何かおかしいと思う点があれば、会うのは控えるなど、騙されないような対策をすると良いでしょう。