出会い系は援デリ業者のツール化してしまっている!?

素人女性だと思っていたのに、援デリに騙されたという苦い経験のある男性はいませんか?

 

一回会った後、連絡が全然取れなくなったという男性はいませんか?

 

もしかしたら、それは援デリかもしれません。

 

当ページでは、援デリ業者はもはや客引きツールとして出会い系を使う時代になった実態を紹介しています。

 

出会い系サイトを利用している中高年男性などは、是非、参考にしてください。

 

援デリが出会い系に蔓延

 

出会い系には、真面目に出会いを探している人もいますが、中には、援助交際を目的とした愛人探しをする人、経済的余裕のある中高年男性(パパ)を探す人も増えています。

 

援助交際は決まった相手に対してセックスも含めた交際をすることで、対価としてお金をもらうような関係です。

 

そんな援助交際の相手を探すために、出会い系を利用する人が増えてきていますが、それと同時に、援デリ業者が紛れ込むようになってきています。

 

援デリ業者は、風俗で働いていたような素人ではない女性を素人と称して、お客である男性に送り込むというもので、被害が急増中です。

 

せっかく、援助交際で長い付き合いを楽しみたいと思っていたのに、援デリ業者に騙されて一回きりで音信不通になってしまったという場合や、素人女性だと思っていたのに、違ったということがあります。

 

援デリ業者はもはや客引きツールとして出会い系を使う実態

 

出会い系での援デリ業者の客引きに運営側も対策をとろうとしていますが、どうしてもイタチごっこになってしまいます。

 

手口が巧妙になっているので、援デリであるかどうかを見極めることが難しいわけです。

 

援デリ業者が出会い系を利用して客引きをしていることで、様々な問題が懸念されています。

 

それでは、援デリ業者はもはや客引きツールとして出会い系を利用する実態について紹介していきます。

 

効率よくお客を見つけられる

出会い系を利用している人の多くは男性です。

 

女性は少数派なので、多くの男性をお客として集めることが可能になり、援デリ業者は出会い系を客引きツールとして利用しているのです。

 

写真と別人の場合がある

出会い系の場合、実際に会うまではどんな人かは分かりませんよね。

 

援デリ業者は、偽の写真を掲載して、別人を送り込むということもよくあります。
お客がつかなければ商売にならないので、写真はルックスの良い写真を使ったりするわけです。

 

裏風俗な面

援デリは裏風俗と言っても過言ではありません。
そのため、トラブルなどが発生しても、被害を訴えることができないことが多いです。

 

例えば美人局などの被害に遭って、恐喝されても泣き寝入りになることも多く、援デリ業者は見て見ぬふりなわけです。

 

素人に化けたプロ

援デリをしている女性というのは、風俗ではなかなか稼げないようなデリヘル嬢や、風俗嬢であることが多いです。

 

素人とうたいながら、実際には、こういったプロなので、素人を期待している男性からすると、半ば詐欺みたいなものです。

 

援デリ業者は、男性が素人を好むことを知っているので、素人と強調しては男性をお客として見つけているのです。

 

性病の蔓延と拡大も

援デリ業者が派遣する女性はとにかく効率よく回されるので、数多くの男性と性的行為をしています。

 

また、正規の風俗店ではないので、性病の検査などももちろんしていません。

 

援デリから派遣される女性と性的行為をしてしまうことで、性病を移されてしまう可能性が高くなるわけです。

 

その場限りの関係

援デリの場合、女性は数をこなしてこそ稼げるというものです。

 

そのため、セックスをするだけして、お金を貰って終わりにしょうとするため、サービスなどの質は悪いと言えます。

 

未成年でも登録できてしまう

援デリ業者を介すと、例えば18歳未満であっても出会い系に登録できてしまいます。

 

男性はそんなことも知らず、18歳未満を売春してしまうと、知らなかったと言っても、問答無用で逮捕されてしまいます。

 

家庭や職場にも影響が出ること必須なので、年齢確認はくれぐれもきちんと行うことをおすすめします。

 

お金だけ取られる

援助交際というのは、お金を提供する代わりにセックスをするということですよね。

 

しかし、中には、男性がシャワーを浴びている間に、お金や貴重品などだけ盗んで逃げるという被害に遭う場合があります。

 

援デリ業者はそういったところまで関与しないので、男性は泣き寝入りするしかないわけです。

 

 

援デリには外人も多い

出会い系サイトに登録している女性の中には、外国人も多くいます。

 

留学生であったり、不法滞在の外国人である場合には、危険です。

 

留学背は就労する資格を得たとしても、風俗で働くことは禁止されていますし、不法滞在の場合は、就労すること自体できないからです。

 

外国人女性と性的行為をしたいと思っている男性も多いかもしれませんが、こういったトラブルに巻き込まれることもあるので、気をつけましょう。

 

金銭トラブル

援デリの場合、業者がヤクザまがいであったりすると、女性はお客である男性に対して強気で出てくることがあります。

 

セックスの行為によっては、追加料金を請求されたりすることもあるので気をつけましょう。

 

援助交際を安全に行うための5つの極意

 

出会い系サイトで、援デリ業者に騙されないためには、いくつかのポイントを押さえて、利用することが大切になります。

 

それでは、援助交際を安全に行うための5つの極意を紹介していきます。

 

偽素人ではなく素人を

援デリ業者が派遣するような女性には手を出さないことが一番です。

 

援デリ業者が絡んでいる場合には、条件提示が早かったり、すぐにセックスをしたいなどという甘い言葉が多いです。

 

何回かメールのやり取りを行い、素人女性であることが確信できたら、会うことにすると良いでしょう。

 

明記された連絡先があるかどうか

援助交際と言っても、長く付き合っていくケースが多いので、お互いに信頼関係が築けるかどうかがポイントになります。

 

きちんとした連絡先を教えてくれて、その連絡先でやり取りができるかどうかで見極めると良いでしょう。

 

プロの場合、最初は教えてくれても、携帯が壊れたなどといった口実で、結局出会い系でのメールのやり取りに戻る可能性もあります。

 

条件の確認は明確に確実に

援助交際をする際は、お互いにきちんと条件を決めておくものですよね。

 

ただし、プロの場合、こういった条件もゴムあり2(コンドームつけて本番ありで2万円)などの隠語を使うこともあるので、このような女性は援デリであると言って良いでしょう。

 

時間なども短めにきちんと設定してくる場合は、明らかに援デリであると思ってください。

 

優良な出会い系サイトを利用

出会い系サイトは、ネット上に何百という数が存在しています。
そんな中、優良の出会い系サイトは2割程しかないと言われています。

 

サクラが多かったり、援デリが多いものは、悪質な出会い系であることが多いです。

 

出会い系サイトの中でも大手の優良サイトを利用するようにしましょう。

 

おかしいと思ったら、まずは冷静に

誰でも、セックスができると思うと、興奮して冷静な判断ができなくなりますよね。

 

何だかおかしいなと思った時には、一度冷静になりましょう。

 

掲示板などで、同じような経験をした人がいるかもしれないので、相談してみると良いでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

援デリ業者はもはや客引きツールとして出会い系を使う時代になった実態として、以下のように紹介してきました。

 

・効率よくお客を見つけられる

 

・写真と別人の場合がある

 

・裏風俗な面

 

・素人に化けたプロ

 

・性病の拡大も

 

・その場限りの関係

 

・未成年でも登録できてしまう

 

・援デリには外人も多い

 

・待ち合わせで男が来て恐喝される

 

・お金だけ取られる

 

・金銭トラブル

 

援デリ業者、様々な手を使って、男性をお客として取り込もうとしてきます。

 

ただし、そういった援デリには様々な問題もあり、トラブルに巻き込まれないためにも、できるだけ援デリに騙されないようにすることが懸命です。

 

・偽素人ではなく素人を

 

・きちんとした連絡先があるかどうか

 

・条件の確認はきちんと

 

・優良な出会い系サイトを利用

 

・おかしいと思ったら、まずは冷静に

 

出会い系サイトを利用する時には、まずは冷静になり、素人と偽素人を見極められるようになりましょう。

 

メールのやり取りをしていく中で、プロか素人か必ず見えてくるものです。

 

援デリ業者は客引きとして、出会い系を利用しています。

 

そんな援デリに騙されないためにも、きちんと対策をして、安全な出会いを楽しみましょう。