援デリ業者以外の業者について

出会い系サイトやアプリには、必ず、一夜限りの割り切った大人の関係を斡旋する業者がいます。
性を幅広く、気軽に楽しみたい方にとって、割り切った関係は、とても魅力的です。

 

しかし、業者が斡旋しているとなると、料金がかかったり、サービスを提供する女性がビジネスライクで対応するなど事務的であまり楽しめなしという問題からユーザーからは不評です。
それよりも、初々しい素人との割り切った関係を好む男性が圧倒的に多いのです。

 

ただ割り切り業者は、身を潜め、ユーザーを上手く出会い系に誘導しているので、注意しましょう。
今回は、出会い系サイトやアプリなどに存在する援交デリ以外の業者さんの種類や誘導のテクニックなどを紹介します。

 

出会いを提供する「援デリ」その他の出会い系業者

出会い会サイトやアプリには、多くの業者が存在し、サービスを盛り上げています。
業者さんは、2タイプで、良質なサービスを提供している業者もいれば、違法なサービスを提供している危険な業者も多く、一般的には後者が圧倒的に多く存在します。

 

では、どのような業者がいるか説明します。

 

風俗営業無認可の「援デリ」

援デリは、風俗営業無認可の売春組織で、仕事も年齢も様々な素人さんが登録しサービスを提供しています。
無認可とはいえ、良質で安心なサービスを提供する業者が多いので、もちろん遊んでも心配はありません。

 

ただ、全ての業者が違法性がないとは言い切れないのが難点です。

 

危険なコミュニティ−サイトに集まる「個人売春婦」

個人で、売春したり、売春する人を派遣したり、管理、集客するサービスで、プロ女性が管理しています。
そのため、サイト内で確認できるプロフィール画像は、見た目にもいやらしく、堂々と性行為できる事をアピールしています。

 

もちろん、内容も過激で、3Pや変態プレイは当然、痴漢やレイププレイなどの少し変わったプレイを積極的に行なっています。
中には、未成年が年齢をいつわり登録していることもあるので、サービス利用がバレた場合、逮捕のリスクもあります。

 

金銭を騙し取る犯罪組織「美人局」

とても危険性が高いのが美人局で、こちらや性交渉もなく、男性から金品を騙し取る詐欺グループと言っても過言ではありません。
女性のバックには、必ず危険な方々が存在するので、場合によっては、仕事も家族も地位も名誉もすべて失うようなトラブルに巻き込まれる事もあります。

 

被害は年々急増しているので、万全の体制で慎重に出会い系を利用しましょう。

 

他サイトへの売春斡旋「メアド収集業者」

出会い系サイトで知り合った女性とは、必ずメールアドレスなどを交換しあうと思いますが、メールアドレスなどを違法に収集し、売買しているのが、メアド収集業者です。
出会い系サイト利用後、見覚えのないサイトから連絡やメルマガなどが届いたりする場合は、これらの業者にメルアドが奪われたと考えるといいでしょう。

 

この場合、出会ってすぐにメールアドレスを聞き出すようなそぶりが見られるので、要注意です。

 

売春斡旋組織の「闇デリ」

風俗営業無認可売春斡旋業者で、未成年も多く登録しています。
中には、小学生という児童も売春に加担している可能性も高く、トラブルに巻き込まれた場合は、大変危険です。

 

風俗営業許可取得の「デリヘル業者」

風俗の営業許可済みのデリヘリは、遊んでも害はほとんどありません。
出会い系では、客引きのために利用している風俗嬢も多く、良質なサービスを低価格で利用できるのが魅力です。

 

他サイトへの誘導業者「アフィリエイター」

出会い系のみならず、今や多くのサイトに存在するのがアフィリエイターです。
こちらは、高額な報酬が発生する出会い系サイトへの誘導が一番の目的なので、何が何でも広告をクリックさせる手法を用いています。

 

無意識の間に出会い系への登録が完了するケースも増えているので、少しでも危険を感じたら、運営側に通報するといいでしょう。

 

違法業者にありがちな騙しの手口

紹介した出会い系サイトに存在する違法な業者に騙されない方法を紹介します。
様々な手口で、出会いサイトを利用する方々から金銭をまきあげようとしているので、以下の方法で、リスク軽減に努めてください。

 

ライン、メルアド、ID登録で誘導する

悪質な業者は、利用者の個人情報を盗み、それをよからぬ方法で悪用します。
最も多いのが、多く方が利用するLINEやカカオトーク、アップルIDやメールアドレスなどです。

 

やり取りして間もない頃から、すぐにこれらの情報を聞き出そうとしたり、何かしらの条件をつけて、アドレスやIDの登録を求めたりするので、本当にそれが正しいのかを判断しましょう。
また、相手からアドレスやIDなどが届く場合には、一部が★等の記号で置き換えられている事があるので、簡単に連絡しないようにしましょう。

 

これらの誘導にごまかされないためには、出会って間もない人には個人情報をぜったいに教えない、すぐに解除できるフリーメールを使う、等の対策が必要です。
また何度も何度も繰り返しやり取りしたり、時間をかけて相手を知ることで、これらの被害を回避できます。

 

メルアドやLINE、等のIDを教えて良い信頼できる相手であるかをしっかりと見極めてください。

 

出会い系アプリインストールで誘導する

最近すごく急増しているのが、不正なアプリをインストールさせる方法です。
その中の一つにサイトやアプリ専用のメッセンジャーです。

 

一般的な手口が「やりとりはこちらのアプリをダウンロードしてください」と表示された案内フォームが現れ、それをクリックすると出会い系サイトへの誘導画面が現れるという無いようです。
また、やり取りする女性からメッセージが届き、その中に、ダウンロードURLが記されており、そこをクリックすることで、誘導されるというケースもあります。

 

すべてがフェイクなので、安易に添付ファイルを開いたり、アプリをダウンロードしないなどで対応しましょう。

 

サイトやアプリ内の広告で誘導する

サイト内やアプリに存在する広告には、無料とか、良質とか、低下で利用できるという魅力的なキャッチコピーが記されています。
しかし、全て出会い系サイトへ誘導するための手段なので、簡単にクリックしてはいけません。

 

優良な出会い系サイトであれば問題ありませんが、万が一違法性の高いサイトや個人情報を盗み出すサイト、または詐欺というケースもあり大変危険です。
PC版だけでなく、スマホや携帯などのツールにもこれらの不正広告は非常に多くなっているので、慎重に見極め利用しましょう。

 

業者に騙されない方法

出会い系サイトにいる様々な業者に騙されないためにも、利用する全てのサービスに慎重にならなければいけません。
そして、こうした業者は、必ずそれぞれの運営する別サイトへ誘導することでステキな事がある、あなたにとって良いサービスが受けられるといううたい文句で、誘導する傾向にあります。

 

しかし、実際にあなたを待ち受けているのは、高額な費用の請求や違法性の高いサービスばかりなので、状況は悲惨です。
このような被害に会わないためにも、利用する一つひとつの行動に慎重になり、また送られてくるメールやファイル、URLなどを簡単にクリックしないということにも気をつけましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

利用する魅力的なサービスには、必ずリスクが存在する事を分かって頂けたでしょうか。
もう一度おさらいすると援デリ以外の業者には、

 

  • 風俗営業無認可の「援デリ」
  • 危険なコミュニティ−サイトに集まる「個人売春婦」
  • 銭を騙し取る犯罪組織「美人局」
  • 他サイトへの売春斡旋「メアド収集業者」
  • 売春斡旋組織の「闇デリ」
  • 風俗営業許可取得の「デリヘル業者」
  • 他サイトへの誘導業者「アフィリエイター」

 

等があり、違法業者にありがちな騙しの手口としては、

 

  • ライン、メルアド、ID登録で誘導する
  • 出会い系アプリインストールで誘導する
  • サイトやアプリ内の広告で誘導する

 

等の方法があります。
出会い系サイトへの誘導と聞くと、避けられないことかもしれないと思われガチですが、慎重にサービスを利用する事で、リスク軽減で出会い系を楽しむ事ができます。

 

こちらでは、業者の種類や手口などを説明しましたので、今一度ご確認ください。
また気軽に利用できる出会い系サイトですが、魅力的で簡単な出会いほど、危険な業者が絡んでおり、それを利用することで被るリスクはものすごく高いという事も改めて認識を高めてください

 

それにより出会いサイトの危険を事前に回避し、良き出会いを幅広く楽しむ事ができるはずです。
それを可能にするためにも是非こちらの情報を参考にしてください。