援デリと出会い系の関係性

今や若い世代から中高年、そして主婦層やOLまでに幅広く人気の出会い系サイトやアプリですが、中には、サクラや売春をあせんする援デリ業者もまぎれています。

 

援デリに騙された場合、トラブルに巻き込まれるリスクも高いため、注意が必要です。

 

しかし、なぜ、援デリ等の危険な出会いが消えないのか、安全な援デリはないのか、などを調べてみましたので参考にしてください。

 

安全な援デリと危険な援デリ

安全な援デリとは、客が利用してみて、危険性はないと判断したサービスの事です。
例えば、利用したけど、普通にセックスできた、サービスに問題はなかった、一般料金で利用できたなどです。

 

客が安全とされる援デリは、無店舗営業のデリヘリ店が集客するために、出会い系サイトを活用しており、そこから客引きをしていると考えて間違いありません。
そのため、客引きの場所が外から、スマホや携帯などのサイトやアプリに移行しただけです。

 

その上、法律で厳しく取りしまわれる未成年を派遣していないので、安全に利用できます。
しかし、自身の年齢を偽って登録している女性も多いので、気軽に利用できる出会い系サイトの中には、未成年がまぎれている事もあります。

 

その場合、援デリに登録している事もあるので、必ず年齢と見た目などを見比べ、できれば身分証などもチェックするようにしてください。
そして、未成年だった場合、即その場を去る、接触はぜったいにしない、などに配慮しましょう。

 

後のトラブルを避けるためにも、未成年ではないと確認したやり取りや身分証などを写真や動画などで記録しておくなどの注意も必要です。
これらは全て、万が一のトラブル時にあなたを助ける術になるので、必ず出会う前、性行為の前には、対策として残しておいてください。

 

一方、明らかに危険な援デリには、見た目にも噂にも、実際にも未成年を派遣している援デリです。
この場合、あなたがいくら「未成年とは知らなかった」と反論しても意味がありませんし、必ず違法行為として逮捕されます。

 

逮捕されるだけではなく、未成年との性行為が世間に知れ渡ると仕事も家族も全てを失う事になります。
このような失敗を避けるためにも、必ず18歳以上であることの確認を怠らないようにしましょう。

 

援デリ業者が居なくならない理由

援デリ業者がなくならい理由は、それを利用する男性が実にたくさん存在するからです。
愛するパートナーがいても、大事な妻、家族があっても、守るべき仕事という地位があっても、男性とは、多くの魅力的な女性と性行為をしたいと本能的に思っています。

 

その欲望は、昨今急速に発展するスマホや携帯で利用できる出会い系サイトやアプリで簡単に叶うようになっています。
利用者がいるから、そこにビジネスが成り立ち、援デリ業者はあとをたたないのです。

 

また男性の中には、違法と分かりながらも、できる限り若い女性とセックスしてみたいという願望を抱くことで、よからぬ業者の違法な援デリに手を染めてしまうのです。
このような事からも、援デリ業者は、年々急増し、いまだに圧倒的存在して闇にい続けているのです。

 

さらに具体的に援デリ業者がなくならない理由を説明します。

 

幅広い出会いを求める利用者が多いため

昔から問題視される出会い系ですが、いまだに無くならない理由は、利用者が多いからです。
これまでに様々な法律も施行されてきましたがそれでも、一向にその数を減らすことなく、年々急増しています。

 

昨今では、18歳未満と知りながらも援デリを利用するやからも多く、自らの地位や名誉を犯してでも、出会い系サイトで未成年との出会いを求めているのです。
このような背景から援デリ業者は、いまだになくなる事はありません。

 

援交・愛人契約希望者の急増

未成年や多くの女性を求める男性が多いという背景が援デリ業者を根強くさせている、と説明しましたが、その一方で、大人の男性を求める若い世代も急増しています。
愛人契約や援交といった内容で、見知らぬ男性と金銭の授受によって関係を成り立たせている女の子も少なくありません。

 

普通のアルバイトをするよりも、援交や愛人契約の方が簡単に儲かるという情報が蔓延しているのも、一つの理由といえます。
このような問題は、サイトを運営する管理者が厳しく取り締まることで、減少するかもしれません。

 

ただ、利用者がプロフィールを偽ったり、また管理者が身分を厳しく取り締まることで、サイトの信頼性を低下させたり、登録者数が減少するなどの問題もあり、サイト運営側も大変です。
以上の要因から出会い系サイトは、今や手軽に援交や愛人契約を結ぶサービスとして多くの男女に利用されています。

 

援助交際を求める男性が多い

男性の中には、普通でノーマルな出会いよりも、危険でスリルのある出会いに性的な興奮を高める嗜好を持つ方も少なくありません。
そのため、違法で危険と分かっていながらも、出会い系サイトを利用するのです。

 

しかし、違法な援デリやサクラに騙されてしまうと、逮捕されたりと人生を大きくゆがめてしまうトラブルに巻き込まれる可能性は十分に考えられます。
それでも、非日常を少しでも楽しみたいという欲望に勝てない男性が多く、それらの要因こそが出会いサイトなどのサービスが無くならない理由なのです。

 

風俗で働く女性の客引きとして利用される

実店舗で働く風俗嬢と、出会い系を使った援助交際とは金銭が発生することから、両者は、同じサービスのように感じる方もいるでしょう。
しかし、二つには違いがあります。

 

それは、「客引き」です。
風俗では、客引きは条例で厳しく規制されており、万が一違法に行なうと、営業停止などの罰則が科せられます。

 

一方、出会い系サイトでは、男性と出会うため、外で待ち合わせの場所を指定したり、自分を積極的にアピールできます。
というものの、サイト運営側は、厳しく規制していないのです。

 

一応、デリヘリなどの営業は禁止され、発見次第強制的に退去するというルールも定めています。
しかし、実際には、それらの取り締まりは、行なわれておらず見逃されているのが現状です。

 

そのため、実店舗で働く風俗嬢が客引きのため、出会い系サイトを利用しているという事もあるので、そのあたりは、自身でしっかり見極めなければいけませんが、本来ならサイト運営側がしっかり監視しなければならないのですが、難しいでしょう。

 

まとめ

以上が、援デリの実態や援デリ業者や出会い系がなくならない理由です。
なくならない理由として考えられるのが以下の4つで

 

  • 幅広い出会いを求める利用者が多いため
  • 援交・愛人契約希望者の急増
  • 援助交際など極めて危険な出会いを求める男性が多い
  • 風俗で働く女性の客引きとして利用される

 

出会いを求める男性が多いこと、そこで稼げると考える10代の若い世代が多いことなどがあります。
またスマホや携帯、PC等の急速な普及が危険な出会いを簡単に可能にしているという理由も一つに在ります。

 

そのため、今後もますます悪徳業者等が増える可能性も多く、利用する側には十分な注意が要求されるでしょう。
また、良質な出会い系サイトといっても、運営側が全てをチェックできない場合も多く、サクラや違法な援デリの登録を見過ごしていることもあります。

 

その場合、プロフィールやブログ、掲示板や体験談だけでは、違法性を見抜く事が難しくなるので、出会う場合には細心の注意を払うようにしてください。